my lohas style

ココロもカラダもらくちん生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かりん

IMG_0062_convert_20101204204637.jpg

我が家のかりんを漬けました

右から、かりん・甜菜糖・ホワイトリカー

    かりんとみりん

    かりんと甜菜糖


どうやら、みりんに漬けるのは酒税法違反のようです

なぜってよくわからないけれど、家でどぶろくを作るようなことなのかな・・・

みりんに漬けた、かりんを楽しむならよいみたいです


そして、このみりんを探すのに一苦労しました

売ってないんですね~

本当は、三河みりんがほしかったのですが

かりんが熟れてきたので、断念しました


そして、このかりんのいい香り

いつまでも、嗅いでいたい

そんな気にさせられます



出来上がりは、半年以上後


お楽しみ・・・





スポンサーサイト

食するということ

ヨガのTTに行ってから

食べるものに、また迷いがやってきて

何を食べてよいやらさっぱりでした



前々、食べる気がなくなったり、突然、大食したり・・・



ひとつ言えば、お肉にあまり興味がなくなったこと

チョコが大好きだったのに、しばらく全く欲しくなくなったこと





Organic Base マクロビオティックと暮らすOrganic Base マクロビオティックと暮らす
(2004/06)
奥津 典子

商品詳細を見る



たまたま、お友達に借りた本



少しずつ、食をシフトする、そんなヒントがいっぱい

ちょっと、楽になりました



マクロビは知っていましたが、失敗済み・・・


な、私ですがまた勇気をもらえました


未来食―環境汚染時代をおいしく生き抜く未来食―環境汚染時代をおいしく生き抜く
(1996/09)
大谷 ゆみこ

商品詳細を見る


そしてこちらの本


食べる行為の根本的な考えが伝わってきました



2冊の本に共通していることは

食べると言うことは、食物を物質的なエネルギー(糖や体を動かすエネルギー源)

として体に取り込むだけではなく

その食物自体のエネルギー、かかわった人々の心も頂くということ

食物を頂くという行為自体にも、目に見えないエネルギーの流れがあるということ



レトルトパウチのもや缶詰ばかり食べると、引きこもりな閉鎖的な人になる

コンビニのお弁当ばかり食べるといけないのは、

作っている人が誰のために作っているのか分からずに、ただ作っているから


添加物、保存料、減農薬、なんてことばかり気にしていても心がないといけない



あとは、バイタルフォース 生命力

青い葉っぱや、薬味なんかは冷凍しておくと便利

だけど、生命力を感じれない

薬味としての役割は果たすけど、食物として生きているのか否か

残念ながら、生命体としての振動(ぐるぐる回っている感じ)がない










本当は、私たちはとっても自由

何でも、選べる

できる








はず・・・(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。