my lohas style

ココロもカラダもらくちん生活

スローアートショー 2008

暑い中、今年も行ってきました

スローアートショー


どうも、スロータウン特区の活動のひとつらしいです

今では少なくなった木造校舎を見るだけで

ちょっとアーティスティックなものを感じます

私の卒業した木造校舎もここ数年の間に取り壊されてしまいました
(しかも、統合で学校の名前もなくなってしまいました)


とてもゆったりとした、よい時間を過ごせましたclover

アートに関しては・・・???

感じるものだと思うので、特にコメントはありません。。。

でも、素敵だなと思うものがひとつ

山口尚之さんの、木造校舎を閉校したあとの活用の提案みたいなものがあって

実現させてほしいなと思うようなものでした

カフェ、ビオトープ、バイオマス、子どもとお年寄りの集える場所などなど

今、あればいいなぁと。考え方は、とっても最先端です

感心してしまいました


それと、偶然数日前にテレビで米田昌功さんの特集を見かけて

この人の絵を見てみたいなと思ったら

絵はなかったのですが作品は見ることができました

そのテレビの時の話ですが

米田さんは、茶色で描く絵が自分の絵だと思い

茶色い絵を長い間描いていたそうです

しかし行き詰まり、ネパールで曼荼羅の絵の勉強をひたすらして

日本に帰ってきたときに、緑の美しさに感動したそうです

「きれいないろを使ってもいいんだ。気持ちのいい絵を描こう」と

(エピソードは、うる覚えなので間違ってたらゴメンナサイ)

そこで、テレビに映ったのが、緑のきれいな蓮の絵でした

そこに、最近悩んでいた問題の答えがありました

「気持ちのいい」って、ところです


そう「ちょー気持ちいい!!」なんです莟

やっぱり北島康介、やってくれました

すかっとしましたBrilliant

努力の上にあるからこそ

「気持ちいいー!!」なんて

叫べる仕事をしてみたいと

思っている今日この頃です