my lohas style

ココロもカラダもらくちん生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お蚕さま

今日は親子サークルで、消防署と曳山会館の見学に行ってきました

曳山会館に訪れるのは久しぶりで、坂のまち美術館というのが新しくできていました


20081210224939






この着物はちょっと見にくいですが、稲穂の中でおわらを踊っている姿が描かれています

素敵でしたBrilliant


20081210225038.jpg

そしてこちらは・・・

お蚕さまです

アップで写しているわけではなくて、大きいのです

この大きさに、ちょっとびっくり笑

八尾は養蚕で栄えた町です

蚕を養い、生糸を紡いでいたそうです

うちのおばあちゃんも、蚕を飼っていたそうで

そんなに大昔の話ではありません

なので、「お蚕さま」なのです

お蚕さまの神社もあるそうです


曳山にも神様が座っておられるので、塩やお水がお供えしてありました

展示室だけれども、とても神聖な場所

そんな感じがしました


最近の若人住むの住む家では、仏壇や神棚を見かけなくなりました

友達の家やアパート、マンションなど

実際、故人がいないなら仏壇はいらない?!

昔のように、宗教にこだわらない人が多いのではないでしょうか

どちらかといえば、無宗教

私もそのタイプです


信じるものがないということは、怖いことです

なにかしら、信じて生きています


江原さんや三輪さんが流行ったり

憧れの的になるのは

信じたいという心がたくさんあるからではないでしょうか


ココロの場所を求めてさまよいます


一昔前でしたら、○○教会がよくマスコミにでていました

最近、大きくなったなぁと思うのは○○学会

意外と身近にもいらっしゃいます


これらの、宗教を否定するわけではありません

だって、結局は自分なのですから

決めるのも選択するのも自分です


でも・・・、自分はすぐに変わってしまう

だから、なにかゆるぎないものがほしい

そう、思ってしまうことがあります


で、そんなときにはやっぱり

昔からの偉人の方、色々な宗派の本を読むと

納得できることがあります

これは、今も昔も普遍的なもの、真実は変わらないのです


信じる対象が、モノであったりコトであったり

はてさて、カリスマモデルであったり

そこから、真実を見つけることができればいいですが

さまよっている人が、多くはありませんか・・・?


さて、本当は仏壇と神棚のお話・・・・・

家の中に、神聖な場所ってありますか?

うちのお嬢さんは、おおばばちゃんとおぼくさま(ご飯)を持って

なもなも(仏壇)に行くことが日課です

数珠を持って、おおばばちゃんのお経を聞きながら手を合わせます

まだ、意味は分かってないと思いますが

場所の神聖さは、伝わっていると思います


家の中に、仏壇、神棚はなくとも

部屋の一角に聖域を持つと

ココロのよりどころになります

うちでは、石を置いてあるところと写真とガラスの器を置いてあるところがあります

風水的には、日のあたるところにキラキラするものを置くといいそうです

(何にいいか、忘れてしまいました・・・が)


もうすぐ一年が終わります

そして、新年には初詣

その時ばかり神様にお願いしても、だめですねぇ~

日本には、本当に多くの神様がいらっしゃいます

今日の曳山会館の御神体それぞれの名前が書いてありました

初詣に行く神社の神様のお名前、知ってますか???

今夜、最も大きく明るい満月に会える | Home | 山の中

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。