my lohas style

ココロもカラダもらくちん生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の本

「赤ちゃんにおむつはいらない」


こんな、タイトルを見たら読みたくなりました

内容は、昔のおむつのとりかたや

オムツなしライフの実験など・・・

なるべくオムツを使わない育児についてでした



赤ちゃんにおむつはいらない赤ちゃんにおむつはいらない
(2009/08/29)
三砂 ちづる

商品詳細を見る



この三砂ちづるさんの、本には他にもおもしろいものがあって


オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書)オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻す (光文社新書)
(2004/09/18)
三砂 ちづる

商品詳細を見る



女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操
(2004/06)
高岡 英夫三砂 ちづる

商品詳細を見る


現代の女性がなくしたものについて、書かれています




「赤ちゃんにおむつはいらない」本文から



「もともと赤ちゃんという存在は、合理的ということとは対局にある存在である。

 

 ・・・それまでの人生を思い通りに生活してきた人であればあるほど、

 思い通りにいかない日々にいらだつこともあるにちがいない。


 けれども、それは、赤ちゃんが自然な存在であるからで、ほんとうは、妊娠や出産を経る過程で、

 決して思い通りにはいかない、体という自然に向き合うのだと思う。



 思い通りにはいかない、手間隙をかけさせる、きわめて非効率な非合理的な生き物である赤ちゃんの存在を、

 まるごと受けとめることで、育児力は培われ、親は人としても最長を遂げる。




 手間をかけない「楽」な子育ての中で、今母親達はもがき苦しんでいるとはいえないだろうか。」
今日のうた | Home | 今日の本

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。